メンズが美容院で髪型を注文する方法

カット 生活

こんにちは、くらすです。

一昔前では、男性が髪の毛を切るところは理容室や町の床屋がメインでした。しかし、最近では男でも美容院へ行くのが当たり前になってきています。

初めて美容院に行く人にとっては、どのようにオーダーしたらよいのか考えてしまう人もいると思います。今回は、男が美容院で髪型を頼むときの方法を3つ挙げていきます。紹介する3つの中から自分に合った方法で頼んでみてください。

それでは、紹介していきます。

スポンサーリンク

メンズが美容院で髪型を注文する方法

早速ですが、私が考える髪型の頼み方は3つあります。

  • 画像を見せる
  • 口頭で伝える
  • 有名人の髪型を頼む

それぞれメリットとデメリットがあるので、個別に説明していきます。

画像を見せる

画像を見せる

メリット

  • イメージが掴みやすい
  • 必要なメニューを聞ける
  • 予想外の髪形になりにくい

私のおすすめのオーダー方法です。たいてい初めて行く美容院には画像を持っていきます。私の場合、全く同じ髪型にしてほしいわけではなく、私の好みを理解してもらうために画像を見せます。あとは、美容師にもよると思いますが、質問を向こうからしてくるので、相談しながら髪型を決めています。

美容師の人は、見せられた画像とその人のライフスタイルを聞いてメニューを提案してくると思います。例えば、ストレートヘアの人が、パーマスタイルの画像を見せてくると、素人の私たちでもパーマが必要とわかりますよね。このように、パーマをするのか、カラーをするのかなどを美容師から聞いてくるので、メニューを決めやすいです。

また、客側と美容師側の二人で同じ髪型のイメージを持っているので、予想外の髪形にはなりにくいです。あとは、美容さんの腕次第です。

デメリット

  • 事前準備が必要
  • 美容師の技術によって仕上がりが異なる
  • (恥ずかしさがある)

美容師に画像を見せるため、事前にやりたい髪型の画像を探さないといけません。仕事が忙しい人だとこれがかなり面倒ですよね。お店にヘアカタログがある場合はそちらから探してみてもいいですが、古いヘアカタログが置いてあると、時代遅れな髪形になる可能性もありますw

また、二人でイメージを共有しているだけに、美容師の技術のせいで思ったようにいかなかったときの、残念さがかなり大きくなと思います。

最後の恥ずかしさについてですが、これは人によると思います。最初は私も画像を見せることが恥ずかしいと思っていました。しかし、やりたい髪型があるなら確実に見せたほうがいいです。恥ずかしいと思っているのは自分だけで、美容師の人は何も思っていません。

むしろ、イメージがつきやすいので、画像を見せてほしいくらいに思っているそうです。

仮に恥ずかしかったとしても、一瞬の恥ずかしさを我慢するのと、次にカットするまで微妙な髪型で過ごすのでは、どちらがいいでしょうか。切り方によっては、半年以上やりたい髪型ができなるなる可能性があります。

それに、何回も見せると全く気にならなくなります。(私がそうでした。)とは言え、他のオーダーの仕方もあるので、どうしても恥ずかしいという人は他の方法で検討してみましょう。

口頭で伝える

メリット

  • 事前準備がいらない
  • 自分の悩みを言いやすい
  • 恥ずかしさがない

画像を見せるときと違って、事前準備が要らないので、これといった髪型が特にないときにおすすめです。また、口頭で髪型を説明するときに自分の髪の悩みも一緒に言う等、画像よりも細かく注文しやすいと思います。それと、なぜか画像を見せるよりも抵抗がないんですよねw

私は何回か行ったことのあるお店ではこのオーダー方法を使っています。既に私の好みが分かっているため、わざわざ画像を見せる必要がないからです。

デメリット

  • イメージはつきにくい
  • 思ったように伝わっていない可能性が高くなる

基本的に、画像を見せることのメリットが足りてなくて、デメリットが解消されたような感じですね。多分一番いいのは、画像を見せてあと注意してほしいことを細かく口で説明していくと、より自分のしたい髪型に近づくと思います。

有名人の髪型を頼む

メリット

  • イメージが掴みやすい
  • オーダーが簡単

この方法ではオーダーしたことありませんが、いつかやってみたいと思っています。特に、今やっているドラマの俳優とかだと、流行りの髪型でしょうし外れはなさそうです。

デメリット

  • 画像がないと食い違うかも
  • 髪型が難しい

流行っている髪型であれば、美容師と食い違うことはなさそうですが、2年前の髪型とかだとイメージが持ちにくいですよね。なので、画像の準備が必要になるかもしれません。また、かなり凄腕のスタイリストが手掛けた髪型でしょうから、難しい髪型かもしれません。

仮に、美容師がうまく切れたとしても、セットが難しいかもしれません。そのときは、パーマのメニューを追加するとセットしやすくなります。

最後に

今回の記事では、男性が美容院で髪型を頼むときの3つの方法をまとめました。他の注文の仕方もあると思います。もし、おすすめのオーダー方法があれば教えてほしいです。基本的には画像を持っていくのが無難です。しかし、最終的には自分がやりやすい方法で伝えるのが一番だと思います。

結局みんなが目指しているのは素敵な髪型です。そうするためには、美容師の技術だけではなく、私たちの伝え方も重要になってきます。

コメント


タイトルとURLをコピーしました