挨拶でよい印象を与える方法【明日からできます】

挨拶 社会

こんにちは、くらすです。

挨拶で第一印象が決まると聞きますよね。では、挨拶でよい印象を与えるにはどうしたらいいのでしょうか。そこまで教えてくれることって中々ないですよね。

私は、学生時代に飲食店で働いていました。そのときに、お客さんに良い印象を与えるための挨拶を聞くことができました。他にも、私がされて嫌だった挨拶から、良い挨拶をするにはどうしたらいいのか考えました。

今回の記事では挨拶について考えてきた私が、よい印象を与えるため挨拶の方法について執筆していきます。

スポンサーリンク

挨拶でよい印象を与える方法

挨拶でよい印象を与えるための方法は簡単です。明日から実践できます。

良い印象を与える挨拶

  • 声の大きさ
  • 声のトーン
  • 表情
  • 姿勢

これだけです。この4つを意識するだけで、挨拶は変わります。理由をそれぞれ深堀していきます。

声の大きさ

大声
声が小さいと挨拶をしたのか伝わらないので当然変わってきます。とは言え、大きすぎるとうるさいだけなので、バランスが大事だと思います。どのくらいの大きさが良いのかというと、友達と話している感じの大きさでいいと思います。

友達と話していると、普通の声ではなでるのに、上の人とのあいさつになると声が小さくなる人がいます。友達と話すような大きさで挨拶をしましょう。

ここで適切な大きさを出すことができれば、人前での発表でも適正な大きさを出すことに繋がります。ぜひ、明日からの挨拶で声の大きさを意識してみてください。

声のトーン

これをやっている人は少ないと思います。気をつけるべきことを挙げていきます。

  • 低い声ではやる気や爽やかさを感じない
  • 高すぎるとふざけている

これらを踏まえると、トーンにも適正な声の高さがあります。その適切な高さで挨拶をすると、良い印象を与えやすいです。私がバイトで教えられたのは、「ソ」の高さを意識することです。

別に完璧な「ソ」を出す必要はありませんが、低い声を出すよりは高い声を意識するとよいと思います。

高い声を出すために

「俺は自声が低いから無理だ」と思う人もいると思います。では、高い声を出すために必要なことを簡単に紹介します。

  • ある程度空気が必要
  • 空気を鼻に通すように声を出す

試しに、空気をあまり吸わずに高い声を出してみてください。おそらく出しずらいと思います。空気を含まないと裏声を使わないとかなり苦しいです。なので、ある程度の空気を吸って声を出すのが良いと思います。

これは声の大きさにも関係してくるのでかなり重要です。

「空気を鼻に通すように」これだけでは意味が分からないかと思います。では、試しに鼻歌で音を出してみてください。鼻歌では意外と高い音を出しやすかったのではないかと思います。

「低い声」の成分はお腹から出て、「高い声」の成分は鼻から出るようです。

カラオケでも使える話なので、意識してみてはいかがでしょうか。

表情

表情
これは当然ですよね。笑顔で挨拶をすることが大切とよく言われますが、まさしくそうです。でも笑顔が難しいと思うので、真顔で大丈夫だと思います。

ふざけていると思われないようにだけ注意しておけば問題ないです。

姿勢

姿勢
ポケットに手を入れながら挨拶して気分が良くなるわけないので、正しい姿勢で行いましょう。ここは、当たり前ですよね。

よっぽどの姿勢の悪さでない限りは大丈夫です。

上の2つは意識するだけで挨拶が変わるので明日からやってみてください。

あいさつで人生が豊かに

自分だけの行動では、人生が変わりにくいです。それよりも、他人とうまく協力したほうが理由は、以下の通りです。

  • 他人のほうが人数が多いため影響力が大きい
  • 個人で出来ることは小さい
  • 他人と協力すると大きなことを達成しやすい

挨拶をすることで、他人とうまく人間関係を作ることができます。そうすると、個人で動くよりも大きな成果を上げやすくなります。

挨拶するだけでこうなると、結構お得です。

まとめ

良い印象を与えるためのあいさつは以下の通りです。

  • 声の大きさ
  • 声のトーン
  • 表情
  • 姿勢

そんなに難しいことはないので、やってみてください。なんでも試してみると人生変わると思いますよ。

コメント


タイトルとURLをコピーしました