行動力を上げる5つの方法

夢 生活

こんにちは、くらすです。

皆さんが生活していて、周りに数人ほどすごい行動力がある人っていませんか?

私の場合は、知り合い2人が俳優を目指していました。仮に俳優になりたいと思っても、実際に行動できない人がほとんどだと思います。

[word_balloon id=”1″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”hide” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true”]あんなに行動力があるなんて凄い。
自分には無理だ。[/word_balloon]

と思っている人もいると思います。しかし、行動力は身につけることができます。彼等ほどではありませんが、私もかなり行動する方だと思います。

  • 大学3年生のとき、皆が就活ムードになる直前に美容師になりたいと思い、すぐに1人で東京へ行く
  • ブログを始めようと思ったその日にブログ開設の準備を始める。

など、思いたったらすぐ行動しています。
私は最初から行動力があったわけではありません。むしろ、かなり内気な性格で消極的でした。

そんな私が行動力が上がった方法について執筆していきます。

スポンサーリンク

行動力を上げるつの方法

私が考える行動力爆上げの方法は5つあります。

  • 不安なことは行動してから考える
  • 紙に目標を書いて、普段見える場所に貼る
  • 尊敬する人のツイッターをフォローする
  • 行動前の情報収集はほどほどにする
  • 何かにお金をかける

それでは深堀していきましょう。

不安なことは行動してから考える

不安

人間という生き物は妙に賢いので、未来をある程度予想しようとします。その予想が行動力を抑制します

どういう事かというと、人間は常に楽なほうへ向かおうとします。未来を予想したときに、不安なことが頭をよぎったらすぐ諦めようとします。(そもそも、行動することが既に面倒ですからねw)

行動する前に考えること何も考えないよりは良いかもしれません。しかし、考える分だけ行動することに遠ざかっていると思います。

以前YouTubeでホリエモンが「妙に賢すぎると、行動できない」みたいなことを言っていました。完全に同意です。賢いとリスクを考えてしまうのです。
考える前に行動すると良いと思います。行動してからも不安なことは見えてきますが、行動するときの不安と比べたら、進歩した不安になっているはずです。

それに、失敗してもいいと考えることも大事だと思います。失敗したら死ぬというわけでないなら、ミスすることは大事です。人の失敗談よりも自分でその失敗を経験したほうが成長しますよ

紙に目標を書いて、普段見える場所に貼る

紙に書く

毎日、目標を見て過ごすと人の意識が変わります意識が変われば、人は自然と行動に移すものです。

私が高校の時に、外部の講師がこれを教えてくれました。「これをするだけで、夢がかなう。」この言葉を信じて紙を貼った人はほとんどいないでしょう。そもそも、誰もこの言葉を覚えていないと思いますw

しかし、やれば確実に行動力につながります。私の場合は、紙には書きませんでしたが、目標を意識するような物を毎日見るようにしました。とにかく、毎日のモチベーション維持が大切です。

簡単なことなので、とりあえずやってみたら良いかもしれません。

尊敬する人のTwitterをフォローする

twitter

これも先ほどのものと理屈は同じです。尊敬する人の発信が人を動かすようなものであれば、モチベーションが高まりますよね。その発信に長く触れるだけで行動しようかなと思えるはずです。

これは、別にTwitterに限りませんね。モチベーションが上がるものであれば、書籍でもいいし、YouTubeでもいいです。

人間の心ってこうみると単純ですね。楽なほうに流れようとするけど、簡単にモチベーションを上げることもできる。つまり、心が動いたらすぐに行動したほうが良いということですね。

行動前の情報収集をほどほどにする

勉強

私も行動する前はあらかじめ情報収集しますが、あまりに集めすぎると、良くない情報を目にすることがあります。これで不安が煽られては情報を集めていた意味がありません

不安を感じるのではなく、そうならないために策を練るのであれば素晴らしいことだと思います。

しかし、行動してみないと分からないこともあるので、とにかく行動することが大切だと思います。

行動力が上がると…

上司に怒られる

これらのことをすると、行動力は上がると思います。しかし、行動したらその分だけミスをすることもあると思います。

最初は、「失敗した」と感じると思いますが、その失敗が人を成長させると思います。

仮に失敗が怖くて、行動しなかったらその失敗には出会いません。行動するときに失敗について考える必要はないと思います。むしろ、「自分ならできる」くらいの自意識過剰でいいです。行動しない人は良くこういったことを言います。

[word_balloon id=”1″ position=”L” size=”M” balloon=”talk” name_position=”hide” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true”]どうせ自分には無理だ。
こういう事は向いていない。[/word_balloon]

これも絶対やらないとわかりませんし、最初からできる人なんで誰もいません

何でも100時間ほど費やさないと、成果は上げられないと思うので、最低100時間はチャレンジしてみてください。それが、案外辛くなかったり、逆に楽しかったりするかもしれません。これは、実際に行動しないとわかりません。

最後に

この記事をみて、少しでも「挑戦してみようかな」と思ったら、すぐ行動してください。明日やるという人は、恐らくやりませんw

すぐに行動する人と、しない人では大きな差です。この差が、10年、20年と時がたつにつれて大きくなっていきます。迷っているなら今すぐ行動してください。

行動して失敗したところで後悔はしたことありません。むしろ、行動しないと一生後悔するかもしれませんね


コメント


タイトルとURLをコピーしました