大学進学は必要?大学に行くメリットとデメリット

大学生 社会

こんにちは、くらすです。

高校生になって、将来のことを考え出す人が増えてくると思います。そこで、大きく2択に迫られるのではないでしょうか。

  1. 進学する
  2. 高卒で就職する

やりたいことが決まっている人はこの選択肢をすぐに決めることができるでしょう。しかし、特にしたいことがない人は選択することが難しいでしょう。高校生の私もそうでした。私は、大学進学をして、更に大学院まで進学したので、大学生活については人並みに語れると思います。

そんな私が、このような悩みを持っている高校生、あるいは既に大学に通っているが、大学へ行く意味が分からないと思っている方に向けて、大学へ通うメリットとデメリットについて執筆していきます。

スポンサーリンク

大学進学は必要?大学に行くメリット

結論から言うと、私は大学へ進学するべきだと考えています。理由は4つありあます。

  • 社会勉強する期間になる
  • やりたいことを探す時間になる
  • 人前で話す機会がある
  • 社会人としてのスキル向上

他にもメリットはありそうですが、長くなりそうなのでこの4つに絞って説明していきます。

社会勉強する期間になる

バイト

社会勉強とはどういったことなのか具体的に言うと、お金を自分で稼ぐことです。多くの学生が大学でアルバイトをするでしょう。この期間があるだけで、大きく成長できると思います。

高校では、アルバイト禁止の学校もありますよね。いきなり、高卒で正社員になるのは高校時代とのギャップを感じると思います。

実際に私がアルバイトしていて、高校生が働きに来ても、ほとんど動けてませんでした。アルバイトの方が正社員として働くよりもはるかに働きやすいと思いますが、緊張もあってか自分から動こうとしないのです。
この状態で、正社員として働くというのは大変だと思います。

アルバイトは正社員として働くための練習期間だと思います。

やりたいことを探す時間になる

夢

高校時代にやりたいことがなかった人でも、大学の4年間を使ってやりたいことを探すことができます。

高校のときに何も考えずに就職するのと、大学でやりたいことを見つけて就職するのでは大きな違いがあると思います。

それに、4年間で見つけることができなかったら、大学院へ進学してもう少し考える時間を増やすという選択も可能になります。

人前で話す機会が増える

大勢の前で話す

高校まではあまり多くの人の前で発表する機会がありませんでしたが、大学に入ってからは自分の意見を発言する機会が増えると思います。
今までそういう経験が少なかった人にとっては苦痛な時間だと思います。しかし、人前で話すということはこれから常につきまとってくるでしょう。

最初は多くの人が人前で話すと緊張すると思いますが、経験を積めば緊張はどんどんなくなっていきます。私も人前で話すのは苦手でしたし、高校までは人見知りだったので人と話すことも得意ではありませんでした。

しかし、大学に入ってからこういった経験を積み、人見知りは改善され、人前で話すことに全く抵抗がありません。

ぜひ皆さんもこういった良い経験をつんでもらいたいです。

社会人としてのスキル向上

パソコンを使う

これはパソコンを使うことが増えるため得られるメリットです。高校までの提出物は、紙に直接記入していくスタイルでしたし、そもそも文章を書くことが少なかったと思います。

働きだすと文章を書く機会があると思いますが、高校生はパソコンで分を書く機会がなかったため難しく感じるのではないでしょうか。大学では、レポートや卒業論文を書くため、高校生と文章を書く抵抗感や表現力に大きな違いが生まれると思います。

また、WordやExcelなどのアプリの使い方も、大学生のほうが確実に詳しいでしょう。

補足

大学生にこれはマスターしたほうが良いと思うスキルがあります。それは、タッチタイピングです。正直、タッチタイピングってそんなに難しい技術ではありません。1月意識して、入力するだけで出来るようになると思います。

これができるようになると、入力の早さはもちろん上がりますし、入力ミスにも気づきやすくなります。(あと単純に、できたほうがかっこよくないですかw?)4年間もパソコンを使う機会があるのだからぜひ習得してください。損は絶対にしないはずです。

大学へ行くデメリット

ここまでは良いことしか見てきませんでしたが、もちろん悪い個所もあります。それは以下の4つです。

  1. ある程度やりたいことを決めなければならない
  2. お金がかかる
  3. 勉強とアルバイトの両立
  4. お金に余裕がない

ある程度やりたいことを決めておく必要がある

道選び

これはどこの大学、学部、学科を決めなければならないということです。選択肢を増やすために大学へ行くのですが、その中でも勉強する分野を決める必要があります。もし、ここで選択ミスするとやりたくもない、意味不明な勉強を4年間することになります。(でも、これも経験になるとは思います。)

本当に何をしたいのか全く分からない人は、雑でもいいので文系の大学へ行けばいいかなと思います。理系の学校よりはるかに時間があります。私は理系だったので、毎週レポート地獄でしたw

お金がかかる

お金

お金については、国公立の大学へ行くのと私立の大学へ行くのでは学費が大きく変わります。本当に学費が高いところだと年間100万以上かかります(-_-;)

それに加えて、教科書代や移動費が必要になります。場所によっては、一人暮らしのお金も必要になりますね。これは奨学金を借りたり、親になんとか出してもらうしかありませんね。せっかくお金を出してもらったのなら一生懸命頑張りましょう。

勉強とアルバイトの両立

勉強が忙しい

大学生の勉強は、高校の時に比べてはるかに難しいと思います。1年生の頃は高校の範囲も出ていましたが、時間がたつにつれて聞いたこともない単語がどんどんでてきます。英語に関しては、外国人の先生が担当してすべて英語で授業が進むこともあります。あれは地獄の時間でしたw

大学生の講義が難しい理由の一つとして、その科目が1週間に1回しかないということが挙げられます。90分の講義が終わったら、次は1週間後です。確実といっていいほど、すべて忘れてしましますw

そんな中、遊ぶためのお金を稼がないといけないので、アルバイトをすると大学生も意外と忙しいなと思います。(働くよりはましだと思いますが…)

私の友達は、夜バイトをした後に学校へきて次の日までレポート作成していたこともありました。レポートは計画的に進めましょう。地獄をみますw

お金に余裕がない

お金がない

アルバイトをしてお金を稼いだとしても、多くて月10万ほどでしょう。大学生になると飲み会が増えてきます。飲み会でお金を使ったり、ほしいものを買ったり、旅行へ行ったり、、、

となると、お金はすぐに無くなってしまいます。特に初めて自分で稼いだお金をもらうと、つい使いたくなります。我慢することも必要になります。

最後に

ここまでで、大学へ通うメリットとデメリットを見てきました。デメリットを見ると、大変そうですし、楽しいのか不安になると思いますが、忙しかった時期が自分を成長させると思いますし、友達との思い出話になるのは間違いありません。

それに、デメリットをはるかに上回るメリットだと思うので、ぜひ進学することをおすすめします。

おすすめの分野としては、これから需要が大きくなっていくプログラミング関係の学校がいいのではないかと思っています。文系よりも間違いなくパソコンスキルは上達しますし、就活も楽になるはずです。(しかし、勉強は忙しくなります)

大学へ入っても勉強ばかりではなく、むしろ勉強以外の時間のほうが圧倒的に長いです。ここの時間をどう使うかで良い大学生活かどうかが決まります。ぜひ良い大学生活を送ってもらえたらなと思います。

コメント


タイトルとURLをコピーしました