ダイエット時に注意すべき点と無理せず食事制限をする方法【痩せたい人必見】

お腹を気にする男性 生活

「ダイエットをそろそろしないとなぁ」と思っている人、多いのではないでしょうか。

夏は運動をしなくても汗をかくけど、寒くなってくると消費するカロリーが低くなると思います。それなのに、夏の時期と同じように食事をしていては当然太ってしまいますよね。

寒くなってきた時こそ、体型を気にしている人にとっては、ダイエットが必要になってきます。

そこで、この記事ではダイエットをするときに気を付けるべきことと、ダイエットを無理せず行うための方法について書いていきます。

実際に、私は2つのことをしただけで、1カ月で4キロ落とす事ができました。これを読んで、無理せず痩せましょう。

スポンサーリンク

本記事のテーマ ダイエット時に注意すべき点と無理せず食事制限をする方法

1.ダイエット時に注意すべき点

皆さんがダイエットと聞いて思い浮かぶ方法は何でしょうか。私の場合は以下の2点が思い浮かびました。

・食事の制限をする
・消費カロリーを増やす(運動など)

おそらく一般的なダイエットの方法だと思います。しかし、食事の制限をするといっても、あまりに苦しい制限では長くは続きませんし、かえってリバウンドをしてしまう可能性もあります。

運動もきつすぎる運動は長く続けることが難しいと思います。そこで、この2点を続けるために注意すべき点を紹介します。

食事制限:糖質はとっても良し、脂質を控える

脂質の多い食事

よく、糖質制限ダイエットという言葉を耳にします。糖質をとると太りやすいというイメージを持っている人も多いと思います。しかし、糖質よりも制限すべきは脂質です。

というのも、糖質(炭水化物)を控えることには意味がなく、摂取カロリーを控えることで痩せるという研究結果が出ているからです。この研究について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

また、糖質制限で「老け」や「寿命が縮む」という研究結果もあります。この結果は恐ろしいですよね…。これなら、脂質を控えたほうがいいと思えます。また、三大栄養素のカロリーについて調べてみました。

摂取カロリーとは食べ物によって、体内に入ってくるエネルギーです。食べ物の中でカロリーを持つのは、「炭水化物」、「たんぱく質」、「脂肪」の3つだけです。
それぞれのカロリーは
「炭水化物」のカロリー: 1グラムあたり4Kcal
「たんぱく質」のカロリー:1グラムあたり4Kcal
「脂肪」のカロリー:   1グラムあたり9Kcal

引用元:摂取カロリーとは?

この結果から、脂質を抜いたほうが効果があることがわかります。これを意識して食事をするだけで摂取カロリーは抑えられるので、体型が変わってくると思います。

 どうしても食事を我慢できなくなったときは、食べることを我慢せずに、カロリーの低いものを食べましょう。我慢のし過ぎは長続きしません。

運動でやせるなら、ランニングは良くない。楽しく続けられるものがおすすめ。

ランニング

おそらく、ランニングでダイエットを始めようとする人が多いと思います。たしかにランニングは外を走るだけなので、お金もかかりませんし、隙間時間に行える運動です。

しかし、ランニングは苦しさの割にカロリーの消費が低いのです。運動別の消費カロリーはこちらのページにまとめてあるので、参考にしてください。腹筋よりも消費カロリーが低いのことになっています。これはかなり悲しい…。それなら、球技などの競える運動をしたほうが楽しめるし、どこかのスポーツチームに入ると長く続けれそうで良いと思います。

 会員制のジムに行くこともおすすめです。お金を払っているので時間があるときに「行かないと」という気持ちになると思います。

2.無理せずに食事制限をする方法

ここからは、私がおすすめするダイエット方法です。痩せるためには、先ほども紹介しましたが以下の2点があると思います。

  • 摂取カロリーを抑える(食事制限)
  • 消費カロリーを増やす(運動)

私は引きこもり気味なこともあり、運動はできるだけせずに痩せたいと思いました。運動せずに簡単に痩せる方法はないか調べていると、ある方法にたどり着きました。これも2点あるので、それぞれ紹介します。

・プロテインを飲む

 

[word_balloon id=”1″ position=”L” size=”L” balloon=”talk” name_position=”hide” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true”]プロテインは筋肉をつけたい人が飲むものじゃないの?[/word_balloon]

そう思う人もいると思いますが、プロテインはタンパク質を多く摂取できるということに注目しましょう。実はタンパク質をとることで、満腹感を得られやすいのです。

つまり、食事をとる前にプロテインを飲むだけで、食欲を抑えることができます。これは、面倒くさがりの私でも簡単に続けることができています。更に、毎日プロテインを飲むことで意識が変わり、自然と脂質の抑えた食事ができるようになりました。

一時期サラダチキンが流行りましたが、あれは脂質やカロリーが低くタンパク質が多いので効果がでやすい商品だと思います。

・朝ごはんは食べない

「朝ご飯を抜くのは良くない!」何人もの人に言われてきました。しかし、1食抜くだけで摂取カロリーを単純に1/3に減らすことができます。朝は時間がないという人も多いと思うので、これも簡単にできるのではないでしょうか。

[word_balloon id=”1″ position=”L” size=”L” balloon=”talk” name_position=”hide” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true”]朝ごはん食べないと頭が働かないし、お腹が空いてしまう…[/word_balloon]

たしかに、私も朝ご飯を抜いた時は頭が働きませんでしたし、お腹がすきました。しかし、人間は慣れていく生き物ですね。今は、なんともありません。しかし、本当に難しいのであれば無理に抜く必要はないと思います。無理が一番長続きしません。

最後に

今回紹介したダイエットの方法はあくまで、私が実践しやすかったものです。他の人には違う方法が合う可能性もありますが、プロテインは簡単に始められるので、1カ月だけでも続けてみてはいかがでしょうか。もう一度言いますが、無理をすることが一番長続きしないので、楽にダイエットできるやり方法が一番だと思います

コメント


タイトルとURLをコピーしました