【DBD】1秒でも長く生きるチェイスの基本!

チェイスのコツ ゲーム

こんにちは、くらすです。

Dead by daylightを始めたけど、、

  • チェイスがうまくできない
  • すぐに死んでしまう

このような悩みを解決します。

今回は生存者が長く生き残るためのチェイスのコツについて紹介していきます。

この記事を読むと分かること

・長くチェイスをするために覚えること
・チェイスの基本
私は、このゲームを2000時間以上プレイしており、サバイバーで大会出場経験もあるので、参考になると思います。
スポンサーリンク

【DBD】1秒でも長く生きるチェイスの基本!

チェイスをするために、後ろを見てキラーの位置を確認する。

これは、多くの場所で言われているので後ろを見ている前提で話していきます。

キラーの位置を確認することは、意識し続ければできると思うので、それができている前提での話となります。

少しでも長くチェイスをするためには、以下の手順で覚えていけばいいと思います。

  1. 板グルの基本
  2. ジャングルジムの形
  3. ジャングルジムの周り方
  4. マップの配置

これらを覚えると、すぐダウンしていた人もチェイスができるようになります。

板グルの基本

板グルポジションでは次のことを意識しましょう。

  • キラーと常に反対側の位置にいる
  • 長い個所で回る

キラーと常に反対側の位置にいる
下記の図のような位置関係を常に保つイメージを持ちましょう。キラーの位置を無視して近づきすぎると、反対回りをされたときに 追いつかれてしまいます。
反対

長い個所で回る
オブジェクトが2か所あって、短いほうを回っていると、いくらキラーと反対側の位置を意識していてもすぐに追いつかれてしまいます。

板を倒した後もキラーに長いほうを走らせるようにしましょう。キラーが短い方を回っているときに板を飛んでも不利な読みあいになります。

長い個所を回る

キラーとの間隔が短いため、キラーの動きを見る時間も短くなってしまいます。
キラーが短い方を走っている場合は、長い方向を回って有利な読みあいにしましょう。

ジャングルジムの形

基本的なジャングルジムの形を覚えましょう。ジャングルジムの形を瞬時に理解できれば、どこに板・窓があるのかも分かります。

基本的にはジャングルジムは5種類ほど覚えればOKです。

  1. 2窓
    2窓
  2. 4壁
    4壁
  3. 板のみの場所
    板のみ
  4. 板と窓ポジ(強)
    板と窓(強)
  5. 板と窓ポジ(普)
    板と窓(普)

これが基本的なジャングルジムです。これらの形を覚えて、とにかく板を使えるようにしましょう。

画像だけでは分かりにくいと思いますが、実際にジャングルジムを見て、どのジャングルなのかを意識して見るようにしてみてください。

ジャングルの周り方

それぞれのジャングルの周り方を覚えれば、そのポジションで板をしぶってチェイスすることがある程度できます。

それぞれのポジションの強い周り方を紹介します。

  1. 2窓
    2窓の逃げ方
  2. 4壁
    4壁の逃げ方
  3. 板と窓ポジ(強)
    窓と板(強)逃げ方
  4. 板と窓ポジ(普)
    板と窓ポジ(普)

今紹介した逃げ方が各ポジションの窓を使える強い逃げ方です。
キラーの追い方にもよるので、このように逃げれないこともありますが、知っていないと窓を使えないので、どの逃げ方が強いのか理解しましょう。

マップを覚える

ジャングルジムの使い方を覚えた後は、各マップのどこにジャングルがあるのか覚えましょう。

今までどこに逃げるべきか分からなかったところから、どこに逃げると良いのか分かるようになるわけです。

かなりチェイスをすることが可能になると思います。

まとめ

初心者が少しでも長くチェイスをするために覚えることを順序だてて紹介しました。

  1. 板グルの基本
  2. ジャングルジムの形
  3. ジャングルジムの周り方
  4. マップ

これらを覚えればチェイスをなんとなくできるようになると思います。

あくまで基本ですので、これができればチェイスがうまいというわけではありません。

常にどう動けばよかったのか考えることでうまくチェイスができるようになっていくものだと思います。

コメント


タイトルとURLをコピーしました