どんなときもWi-Fiの特徴と1ヶ月使った感想

生活

こんにちは、くらすです。

今、YouTubeなどで広告をよく見る「どんなときもWi-Fi」ですが、良いことを言いすぎていて私はあやしさを感じていました

そこで、思い切って契約してみました。本記事では、「どんなときもWi-Fi」の特徴についてまとめ、実際に1ヶ月使ってみた感想について執筆していきます。

スポンサーリンク

どんなときもWi-Fiの特徴

まずは、どんなときもWi-Fiの特徴について紹介していきます。CMや公式サイトで紹介されている特徴は以下の通りです。

特徴

  • データ通信し放題
  • いろんな場所で使える
  • 月額3480+税
  • 海外でも利用可能
  • 最短即日発送

こうみると、かなり魅力的ですよね。それでは、内容を詳しく見ていきます。

データ通信し放題

使い放題
現在よくあるポケットWi-Fiは3日間や月額で通信に制限があるものがおおいのですが、どんなときもWi-Fiはデータ通信に制限がありません。どれだけ使用しても、通信速度が遅くならないのです。

今まで、通信制限を気にしていた人にとってはかなり嬉しい特徴です。実際に、以前の私は月に3GBしか使うことができず、家でしか動画を見ていませんでした。電車の移動時間が長かったのもあり、動画を見れない生活は辛かったです。

この生活から解放してくれるので、非常に良い特徴です。

いろんな場所で使える

いろんな場所で使える

多くのポケットWi-Fiはドコモ、au、ソフトバンクの回線のうち対応している回線しか利用することができません。

一方、どんなときもWi-Fiはこの3つの回線の中から最適な回線を選択しているようです。なので、日本のあらゆる場所で通信が可能なようです。

auが繋がらないところではドコモの回線、ドコモが繋がらないところではソフトバンクといったように、互いに通信エリアをカバーしあっているイメージです。

月額3480+税から利用可能

料金

利用開始から2年間はクレジットカード利用で月3480+税で利用できます。口座振替で支払いが可能ですが、クレジット支払いより500円高くなってしまいます。クレジットカードで決算した方が良さそうです。

2年目以降は500円利用料金が高くなります。注意してください。

海外でも利用可能

海外でも利用

どんなときもWi-Fiを海外へ持ち込めば、いつも通り通信ができます。海外利用の場合は、月額ではなく、使った分だけ利用料金がかかります。これに注意しないと、支払額が跳ね上がりそうです。

公式サイトでも書いてあるのですが、分かりにくい表記だったので、気づかない人もいるかもしれない。

最短即日発送

Wi-Fiを頼むと素早く発送されます。なので、申し込み後すぐに利用できます。

私は、夜に申し込んだのですが、その次の日に商品が届いて、すぐに利用することができました。

特徴は以上です。では、私が実際に1か月使った感想について書いていきます。

どんなときもWi-Fiを使った感想

先程まで特徴を紹介しましたが、良いことが書いてありすぎてあやしいですよねw

まずは、私が使って感じたメリットについて紹介します。

メリット

どんなときもWi-Fiを使うメリットは以下の通りです。

メリット

  • どれだけデータを使っても容量無制限
  • 基本的にはどこでも繋がる
  • フリーWi-Fiより安全
  • 通信速度は気にならない

今のところ通信に制限がかかったことがありません。夜になると通信が遅くなるとかそういったこともないので、本当に使い放題なようです。

主にパソコン作業を外でするときに利用していますが、作業する場所では、問題なく繋がりました。山奥とかで使ったことがないので、どこまでつながるか分かりませんが、基本的には繋がるので、問題なさそうです。

動画を見たりもしますが、遅いと感じたことはありません。

海外利用はしていませんが、基本的にどんなときもWi-Fiが紹介している利点は、本当だと感じました。気になっている人は実際に使ってみることをおすすめします。


どんなときもWi-Fiのデメリット

私が使っていて感じたデメリットは、あまり無いのですが、少し気になった点について紹介します。

デメリット

  • 充電することが面倒
  • ビルの奥では使えず
  • 用途によっては速度が気になる

上の2つは私が使っていて感じたことで、通信速度に関するものはネットで調べて、多かった意見です。

充電することが面倒

これはどんなときもWi-Fiに限らず、ポケットWi-Fi全体に言えることです。

普段寝る前に、スマホしか充電していませんでした。そこに、Wi-Fiも充電が必要になるイメージです。私が使用するのは1日2時間ほどですが、2日使ったら充電しないといけない気がします。

最初はWi-Fiを充電する習慣がなかったため、充電することをよく忘れてしまいました。

Wi-Fiを使う場所にコンセントがあれば良いですが、コンセントが無い場合だと、せっかくのWi-Fiが使えなくなります。

慣れるまでは少し面倒というくらいです。

ビルの奥では使えず

どんなときもWi-Fiは、ドコモ、ソフトバンク、auの3つの回線の中から最適な回線を選ぶようです。

この3つが繋がらない場所はかなり少ないでしょう。しかし、その場所をたまたま見つけてしまいましたw

普段使う分には気にしなくて良いのでは無いかと思います。しかし、つながらない場所もあることを知っておきましょう。

用途によっては通信速度が気になる

私は主に、ブログ製作に利用しており、ほとんど通信速度は必要ありません。しかし、ゲームをするために使うとなれば、通信速度は遅いかもしれません。

スマホでのゲームなら大丈夫だと思いますが、ゲーム機につなげてゲームをするには通信が遅いかもしれません。

スマホで動画を見るくらいなら何も問題ないと感じました。

どんなときもWi-Fiに契約すべき人

どんなときもWi-Fを契約すべき人は以下のような人です。

  • 毎月通信制限が来てしまう人
  • 通信制限を気にせず動画を見たい人
  • 通信は気にせずできているが、支払料金が高い人
  • 格安SIMを利用していて、通信について不満がある人

主にスマホ利用や、PCを使って動画を見るとかであれば使っていて不便は感じないと思います。

まとめると、ゲーム利用には向いていないが、インターネット閲覧をメインに使いたい人にはお勧めです。

まとめ

どんなときもWi-Fiの特徴と感想について執筆しました。

特徴

  • データ通信し放題
  • いろんな場所で使える
  • 月額3480+税
  • 海外でも利用可能
  • 最短即日発送

実際に使ってみると、これらの特徴は本当だと感じました。インターネット閲覧が主な利用目的で、通信に不満がある人にはおすすめです。

また、現時点で動画を見ることを我慢している人は使ってみてください、通信制限からもストレスからも解放されますよ。

他にも、携帯の料金に1万以上かけている人も、確実に料金が安くなるのでおすすめです。

画像:どんなときもWiFi

コメント


タイトルとURLをコピーしました