ヒルビリーでチェーンソーを当てるコツ【Dead by Daylight】

ゲーム

こんにちは、くらすです。

ヒルビリーを使い始めたけど、チェーンソーがうまく当てれないってことありませんか?私は以前までは「ナース」を使っていましたが、飽きが来て「ヒルビリー」を使い始めました。

最初は、まったくチェーンソーを当てることができませんでしたが、チェーンソーの特性を掴むことで当てれるようになってきました。今では、ヒルビリーを使ってランク1をキープすることができています。

皆さんもチェーンソーの特徴を掴むことができれば、サバイバーを一撃でダウンさせることができるようになります。むしろ、ランク1まで目指せるようになります。

今回の記事では、ヒルビリーを使う時のコツと注意すべき点について紹介します。

スポンサーリンク

ヒルビリーでチェーンソーを当てるコツ

まずはヒルビリー のチェーンソーの特性を理解することが重要です。私はここを理解してから勝てるようになりました。

チェーンソーの特性

  • チェーンソーを構えると足が遅くなる
  • チェーンソーで走行中は大きく曲がれない
  • チェーンソー起動直後は良く曲がる

この特性を頭に入れないと、サバイバーに当てるのは難しいです。では、この特性について詳しく説明していきます。

チェーンソーを構えると足が遅くなる

具体的に言うと、サバイバーが走っている速度と同じくらいですが、若干遅いくらいに思っておきましょう。キラーの方が体が大きいため、障害物に引っ掛かりやすく距離がかなり少しずつ離れていきます。

走る速度と一緒だからと言って何も考えずに構えると、距離は開いていきます。

ほかのキラー(ハントレス、カニバルなど)は圧倒的に足が遅くなります。なので、ヒルビリーは能力を使いやすい方です。

走行中は大きく曲がれない

サバイバーの方が細かく動けるため、遠い距離からチェーンソーを狙っても当てれません。アドオンによって曲がりやすくすることは可能ですが、もっと強いアドオンがあるのであまりおすすめしません。

また、チェーンソーは高速移動に利用できるため、どれくらい曲がれるのか把握して移動することが大切です。

チェーンソー起動直後は良く曲がる

これがヒルビリーが使いにくくなる特徴であり、最も強い特徴だと思っています。

突進攻撃が届かないくらいの距離でチェーンソーを当てに行くとき、サバイバーが横に避けたのを見てこちらも曲げようとすると、90°近く曲がるので、明後日の方向にヒルビリーが走っていきますw

最初は使いにくいと思ったこの特性ですが、使いこなせると強すぎて、間違いなくランク1まで行くことが可能になります。

今回の記事では、ヒルビリーの基本について書いていくので、この特性を使いこなすための記事は次回書いていきます。

チェーンソーを当てる基本

ヒルビリーでチェーンソーを当てるには距離ごとに難易度があります。なので、最初は難易度の低いところから狙ってみましょう。距離ごとの難易度を以下に示します。

  • サバイバーとの距離感(遠):難
  • サバイバーとの距離感(中):普
  • サバイバーとの距離感(近):近

こんな感じです。遠ければ遠いほど、サバイバーはチェーンソーを避けやすくなります。まずは、サバイバーと密着して当てる練習をしましょう。

密着してチェーンソーをあてるこつ

密着時にチェーンソーをあてるには、サバイバーの動きをよく見る必要があります。密着したサバイバーも動き回るので、それに合わせて当てましょう。

密着時に当てるコツ

  • 視点移動で合わせる
  • キャラを動かして合わせる
  • 起動タイミングを調整する

キャラクターコントロール

視点移動で合わせている人は多いですが、ヒルビリー自体を動かす人は少ないようです。あとは、サバイバーが旋回しているときは、一歩下がると、サバイバーが良く見えます。

これは他のキラーでも使えるので、サバイバーが旋回して視界から消えたら一歩下がってみましょう。

チャージのキープ

サバイバーが画面の真ん中に写ったタイミングで起動すると当たることができます。

逆にいうと起動タイミングをコントロールできれば、チェーンソーを当たる確率はぐっと上がります。

チャージ短縮のアドオンは起動タイミングをコントロールしやすいのでおススメです

中距離のサバイバーに当てるコツ

私が中距離のサバイバーにチェーンソーを当てる方法は1つだけです。

チェーンソーを構えて、チャージをキープする。

以上です。中距離のサバイバーにチェーンソーを当てるのはかなり難しいです。ですが、密着チェーンソーは当てることができます。なので、密着してチェーンソーを当てればいいのです。

チェーンソーを構えたらサバイバーとの距離が縮まらない。と思うかもしれませんが、障害物が無いところであれば、確実に縮まります。

中距離から距離を縮める方法

  1. 板や窓が近くにない位置でチェーンソーを構える
  2. 真っすぐ走るとチェーンソーが当たるので横に避ける
  3. サバイバーとの距離がじわじわ近づく

障害物があるとチェーンソーが当たらないので、距離は近づきませんが、障害物がないと横にずれて避けるしかないので、その動きが無駄になって距離が近づきます

これで、中距離のサバイバーにチェーンソーを当てましょう。

遠距離のサバイバーに当てるには

基本的に、遠い距離のサバイバーにチェーンソーを当てるのは、運です。バベチリ(バーベキュー・アンド・チリ)が発動したときに、サバイバーの動きから移動場所を予測することくらいしか当てれません

なので、とにかく密着チェーンソーを当てれるようにすることがチェーンソーを当てるこつになります。距離を縮めるためには、キラーのあらゆるフェイントを使いましょう。

まとめ

今回はヒルビリーのチェーンソーの特性と当てるコツについて執筆しました。

チェーンソーの特性

  • チェーンソーを構えると足が遅くなる
  • チェーンソーで走行中はそんなに曲がれない
  • チェーンソー起動直後は良く曲がる

チェーンソーを当てるには

  • 密着してサバイバーの動きに合わせる
  • 距離が縮むまでチャージキープ
  • バベチリ発動後、サバイバーの位置を読んで合わせる

ヒルビリーは現環境では最も強いキラーの中の一人だと思います。そのキラーを使いこなすことができれば確実にランク1まで到達できます。

ランク1まで到達するためには、キラーの細かいフェイントやヒルビリーの強みを理解する必要があります。これらは別の記事にて紹介しま。ぜひ参考にしてください。

コメント


タイトルとURLをコピーしました