キラーでサバイバーを素早く倒すチェイスの基本【Dead by Daylight】

レイス ゲーム

こんにちは、くらすです。

現在のデッドバイデイライトは、黄色ランクまではマッチングが遅く、マッチングすると高ランクのサバイバーとマッチすることが多いです。

そんな中でキラーを使い始めるのは辛いと思います。

そこで、初心者のキラーが高ランクのサバイバーにも勝てるように、キラーの基本について解説していきます。

今回は、チェイスの基本をテーマにします。

私は、プレイ時間1000時間程で、その内の500時間はキラーをしてきました。キラーのランク1をキープし続けているので、少しは参考になると思います。

スポンサーリンク

キラーでサバイバーを素早く倒すチェイスの基本

まず、チェイスの説明に入る前に、キラーの仕様について説明します。

キラーの仕様

  • 生存者より足が速い
  • 窓枠を超える動作はサバイバーより遅い
  • キラーだけ板を飛び越えられない
  • チェイスが長引くほど、足が速くなる(血の渇望)

最後の項目だけ分かりにくい仕様なので、説明します。

血の渇望

血の渇望

チェイス判定が長引くと足が速くなり、最大で3段階速くなります。

血の渇望をうまく使うと、サバイバーに攻撃ができるのですが血の渇望がリセットされる原因がいくつかあります。切れる原因は以下の通りです。

  • サバイバーを殴る
  • チェイス判定が切れる
  • 特殊能力を使う
  • 板を割る

板を割らなければ足がどんどん速くなるということです。これは覚えておきましょう。

チェイスの基本

キラーでのチェイス中に私が意識しているのは、以下のことです。

  • チェイスポジションでの追いかける向き
  • 板を割る方向
  • 同じサバイバーに執着しない
  • 割るべき板を把握
  • 血の渇望を生かす
  • チェイスパークを使う

上の2つは、知っているだけで簡単に使えるので実践してみてください。それどころか、一撃与えやすくすることも可能です。

チェイスポジションでの追いかける向き

追いかける向きを知っていれば板の消費を早めることができます。

窓枠と板がセットになっているポジション

多くのマップには、ジャングルジムと言われているチェイスポジションがあります。そのポジションでは、追いかける向きによって稼がれる時間が大きく変わります。

ジャングルジムでの追いかけ方は、反時計回りを意識してください。

時計回りで追いかけると、板とセットで置いてある窓枠が飛び越えやすくなります(最速で窓を超えやすい)。逆に、反時計回りで飛ぶと、角度がつきにくいため最速越えしにくいです。

回り方を気をつけるだけで、板の消費を早めることができるのでおすすめです。

二窓の追い方

二窓も追い方を間違えると、板を使われずに時間を稼がれます。窓を超えて、もう反対側の窓を超えてを繰り返され、6回の窓超えができます。
悪い追い方

逆に、間違えなければ、近くに板がない場合は一撃与えることができます。飛んだ窓と同じ窓を使わせましょう。

良い2窓の追い方

パーク「まやかし」を使えば、窓を塞ぐことができるので、攻撃しやすくなります。

板を割る方向

板を割る方向

板を倒されたときに、その板が強い板であればすぐに板を割るべきです。しかし、板を割る方向は考えましょう。

今までチェイスで板を使ってきた方向へ逃げさせるような向き、強ポジに行かせない向きを意識しましょう。

同じサバイバーに執着しない

同じサバイバーを追うと、そのサバイバーは使った板を認識しています。ある程度板を使わせたら、違うサバイバーを追うことも重要です。

チェイスでどの板が使われたのか把握していないサバイバーが多いので、板のない方向へ逃げることもあります。

また、うまいサバイバーを追っていても、発電機が回ってしまうので、見切りをつけて違う人を追ってもいいです。発電機を3人で修理されると、すぐに発電機が発電します。

一人を吊ってしまえば、一人が救助、一人がチェイスというように発電する人が一気に減るので、だれかを吊っている状況を作ることが優先です。

サバイバーを追わないことが勝ちにつながることはよくあります。

割るべき板を把握

小屋の板

板を使われたら割ればいいというわけではありません。割らなくてもサバイバーに攻撃できる板は意外とあります。その板をわざわざ、割るのは勿体ないです。

渇望が溜まったら、攻撃できる板はかなり多いのですが、渇望を溜めているうちに発電機が修理されてしまいます。板の消費も少ないので、後半きつくなってしまいます。

強い板は、割る方向にだけ気をつけて、割りましょう。

板を割らずに倒せるような場所では、板スタンされないように注意しましょう。無理に攻撃を当てに行かず、板を倒させて攻撃する動きで大丈夫です。

血の渇望を生かす

血の渇望がたまっている状態で、ある程度強い板を倒されても、足が速くなっている状態を生かして攻撃した方が良い場合があります。右の渇望アイコンで自分がどのくらい速いか判断しましょう。下の図では上矢印が1つなので、渇望レベル1です。

渇望レベル1

板をぐるぐる回るようなポジションだと、渇望がたまっていれば攻撃できることが多いです。

血の渇望がたまっている状態でターゲットを変えると、足が速い状態で追えるので、そのサバイバーにダメージを与えられることが多いです。

チェイスパークを使う

使うとチェイスが楽になるパークを使いましょう。おすすめのパークは「まやかし」です。
まやかし

まやかし

窓を乗り越える速度が(5/10/15%)上昇する。
最後に乗り越えた窓を(8/12/16秒間)封鎖する。

徒歩キラーであれば、まやかしはおすすめです。使うだけで、板の消費を早めることができます。サバイバーをしていても、まやかしがあるキラーはチェイスしにくいです。

まとめ

キラーのチェイスの基本は以下の通りです。

チェイスの基本

  • チェイスポジションでの追いかける向き
  • 板を割る方向
  • 同じサバイバーに執着しない
  • 割るべき板を把握
  • 血の渇望を生かす
  • チェイスパークを使う

これは基本でしかありません。応用として、「フェイント」があります。フェイントも簡単にできて強いものが多いので、別の記事で紹介します。

少しでもキラーが増えて、DBDが盛り上がればいいと思います。そして、共にランク1のキラーを目指しましょう

コメント


タイトルとURLをコピーしました