サラリーマンのここがダメ!現役サラリーマンが思う無駄な点と解決案

サラリーマン 生活

毎日、眠い中満員電車に揺られて会社へ向かう。それだけでも、サラリーマンの嫌な箇所ですよね。現在、私は働き出して半年ほどしか経っていませんが、既に会社が嫌だと思っています。今回の記事では、サラリーマンのダメな点をいくつか取り上げ、いかにサラリーマンが無駄なことが多いのかをまとめ、この生活から抜け出す方法を最後に書いていきます。


スポンサーリンク

本記事のテーマ:サラリーマンのここがダメ!サラリーマンの無駄な点と解決案

私が半年間働いて感じたサラリーマンの無駄な点は次のような事です。

  • 出勤のために満員電車に乗る
  • 移動時間が長い(片道1時間)
  • スーツ、革靴の料金
  • 会社の飲み会

まだ出てきそうでしたが、長くなりそうなのでここまでにしますw「普通のことでは?」と思う人もいるかもしれませんが、無駄が多いです。以降は、これらがどう無駄になっているのか簡単に説明します。

1.出勤のために満員電車に乗る

通勤ラッシュ

どこの会社も同じような時間から始まるためこうなってしまうのは、必然的です。しかし、満員電車は圧倒的に無駄です。なぜなら、乗った時点で心と体に疲労が溜まるからです。できれば満員電車なんて乗りたくないに決まっています。この時点で心の疲労はあるはずです。そして、人に押しつぶされながら乗るわけなので、椅子に座るより確実に疲れが出ます。

田舎だと椅子が空いているのに座らない人がいます。これは、乗れる人の数が単純に減るのでやめた方がいいです。座らないなら座席の前から離れないと、他の人も座れません。

少し話が逸れましたね、では次の点を見ていきます。

2.移動時間が長い(私は片道1時間)

遅くの帰宅

移動時間が長いことについては無駄だと思う人が多いかもしれませんね。実家から通っている私の場合、片道1時間かかります。1日で2時間移動しているって相当無駄ですよね。バイトしたら二千円稼げますからね。これを週5日で1万円、、、家の側に会社がある場合と比べて1ヶ月で4万円程損していると思いましょう。車で通勤だとガソリンや車の維持費分も計算すると恐ろしいくらい損しているはず。これを当たり前だと思っている人もいるはずなので恐ろしい。

3.スーツ、ビジネスシューズの料金

スーツの維持

基本的に平日は毎日スーツとビジネスシューズを利用しますよね。当然その維持費がかかります。クリーニングや買い替えなど、これを40年続けたら、どれだけのお金がかかるのでしょうか。

私服勤務OKの職場は素晴らしいと思います。会社のために購入するのではなく、自分が生活する上で必要なものを使うので、確実に無駄が減ります。クリーニング代が減るだけでも大きいかと思います。(ただ、私服はセンスが、問われるかもしれませんねw)

4.会社の飲み会

職場の人とコミュニケーションをとるためのいい場だと思いますが、基本的には時間の無駄です。会社のために時間を割いているのにお金がもらえませんし、むしろ参加費がかかるくらいです。幹事になった人は更に時間をかけて準備する必要があるのでかわいそうです。(私は今年の忘年会の幹事なので、いつもよりお店の予約がとりにくく時間をかなり使いました)

話は変わりますが、飲み会はやはりカロリーを摂取しすぎるので、体型的にも良くないです。

この流れから抜け出す方法

サラリーマンのダメな点についてあげてきましたが、この流れから抜け出す方法は3点あると思います。

  • 会社の近くに引っ越す
  • 独立する
  • 転職する

この3点について見ていきましょう。

会社の近くに引っ越す

通勤時間を短くする方法ですね。これで満員電車に乗らなくて済むし、時間の無駄もかなり無くなります。その空いた時間は体を休めてもいいし、趣味に使ってもいい。満員電車に揺られている時間よりはどう使っても有意義に使えるはずです。あとは家賃と給料のことを考えて実行するかどうか判断しましょう。

独立する

インターネットが普及した現代ならば、会社に勤めなくても稼ぐ方法が沢山あります。毎日無理して会社へ出勤することは無くなりますし、時間の自由もできていいと思います。いきなり、独立は無理だと思うので、少しずつ稼ぐ方法を探ってみるのはいかがでしょうか。フリーランスとして働く人も最近増えていますよね。こういった働き方も頭に入れてみるといいでしょう。

転職する

これは、職場に行かなくても働けるような会社へ転職するという意味です。IT企業などは、こういった形態の会社が多いです。会社に出勤しなければいけない企業であっても私服で出勤のところも他の職種に比べて多いと思います。更に、IT企業の需要は増え続けているので、悪くない選択だと思います。しかし、未経験の人はプログラミングなどをするのは不安ですよね。プログラミングの勉強の仕方については今後紹介したいと思います。

最後に

本記事では、サラリーマンとして働く悪い点とその打開案について執筆しました。1番大切なことは無理せず働くことだと思いますので、自分に合った職場や働き方を探していきましょう。

辛くてもこれが普通と思わないようにしましょう。その思考が現代の社会を作り、働きにくくなっている原因の1つではないかと思います。辛いなら働き方を変えて、楽しい人生にしましょう。

コメント


タイトルとURLをコピーしました