【DBD】サバイバーでランク1になるための立ち回り(救助編)

ゲーム

こんにちは、くらすです。

DBDを始めてみたけど、ランクが全然上がらない。。。
脱出ができない。。。

このような悩みを持っている人は多いと思います。

そこで、今回の記事では、DBDを始めたばかりの初心者の方に向けて、ランク上げ・儀式から脱出するための立ち回り救助編)を紹介していきます。

次の記事を読むことで以下のことが分かります。

  • 何を意識して救助をしたらよいのか
  • ランクを上げるために最適な救助

私はDBDをプレイして2500時間ほどで、サバイバーもキラーも同じくらいプレイしているため、どちらの意見も取り入れた情報になるので参考になると思います。

スポンサーリンク

サバイバーでランク1になるための考え方

サバイバーでランク1になるために重要な考えが1つあります。それは、

ランクを上げることに執着しないことです。

ランクを上げたいのに、ランクに執着するなと言われても無理だよ!

と思う人もいるかもしれませんが、ランク上げを意識しすぎてランク上げに最適な行動が出来ていない人が多いと私は考えています。

どういう意味かというと、ランク上げを意識しすぎてサバイバーの目的である「脱出」することが疎かになっていると思います。

脱出できるほどランクが上がるシステムなはずなので、ランク上げよりも脱出を目指したほうがランクは自然と上がるはずです。

良くあるのは、「ランクを落さないために救助を積極的にしましょう」という内容です。

他のサバイバーが救助に行っているのに、救助を取り合いになることは脱出のためではなく、ランクのための行動だと思います。

もちろん、ランクは下がりにくくなると思いますが他の行動ができないので実質発電機をしていてもランクの下がりにくさは変わらないと思います。

ここからは脱出するための救助について紹介していきます。

ランク1になるための立ち回り(チェイス編)は下記の記事で紹介しています。

脱出するための救助

救助をするときに意識しておくことは3つあります。

  • 誰かは発電機を修理する
  • 安全に救助する
  • トンネルされやすいか

それぞれどういうことなのか、紹介していきます。

誰かは発電機を修理する

救助とは関係ないじゃん!

と思う人もいるかもしれません。しかし、これが非常に重要です。

先程も述べていますが、サバイバーの目的は脱出することです。

決して、救助することが最重要ではないのです。

基本的には味方に救助を任せておけばいいと思います。他のサバイバーは救助意識がかなり高いです。

その分発電機も直らないということが欠点にはなります。

なので、自分が発電するようにしましょう。

救助は味方が行かないから、行くくらいの心構えでよいです。

自分が救助に向かうのは以下のタイミングでよいと思います。

  • 修理している発電機が点いた後
  • 誰かがチェイスしているとき
  • 30秒経っても救助されていないとき
  • 味方が負傷しているとき

それぞれ簡単に解説します。

修理している発電機が点いたとき

自分が修理していた発電機が点いたときは、 他の他のサバイバーよりも暇になるはずです。

積極的に救助に向かってください。

ただし、発電機が点いたことはキラー側も認識しているため、だいたいの位置を把握されています。

そのまま足跡をつけて救助にいくと、救助の邪魔やトンネルされる恐れがあります。

ばれないように、足跡は消していくことをおすすめします。

誰かがチェイスしているとき

誰かがチェイスしていることが分かったら、自分が救助に向かったほうが良いと思います。

救助できる3人のうち1人が追われているわけなので、残りのどちらかが救助に行かないといけません。

念のため自分が救助に行くのが無難だと思います。

チェイス中の人が、吊られている人の近くでダウンしてしまうと、キラーがキャンプする可能性があるため、早めの救助が望ましいです。

※オブセッションがチェイス中の時は、オブセッションマークが揺れるので、それを見てチェイス中なのか判断ができます。揺れているのを確認したら早めに救助しましょう。

30秒経っても救助されないとき

これは初吊りの人を半分切る前に救助するためです。

耐久に入るまでに60秒あるので、30秒経っても救助されていないときは、移動時間も含めて残り30秒のうちに救助しましょう。

無理救助になっても大丈夫です。「決死の一撃」があったり、決死の一撃を食らうことを恐れてはいずり放置する場合もあるため、とにかく救助しましょう。

決死の一撃

フックから救助されるか自力脱出した後「決死の一撃」が(40/50/60)秒間、使用可能になる。決死の一撃発動中に殺人鬼に捕まった場合、スキルチェックに成功すると殺人鬼の手から逃れ、殺人鬼を5秒間怯ませる事ができる。

もし、無理救助をすることに抵抗がある場合は、「与えられて猶予」をつけると無理救助しやすくなると思います。

与えられた猶予

殺人鬼の脅威範囲内で生存者をフックから外すと、15秒間、我慢のステータス効果を得る。フックから救助された生存者を瀕死状態に陥れるあらゆるダメージの代わりに、深手のステータス効果が適用される。生存者は(10/15/20)秒間、自分を治療する時間が与えられる。

味方が負傷しているとき

いつもは救助意識の高い味方のサバイバーたちが負傷をすると急に救助に行く意識が薄くなってしまいます。

自分だけが負傷していない場合は、積極的に救助に行きましょう。

ただし、自分が負傷していても救助に向かう意識は持っていないといけません。味方はあまり信頼しすぎないほうが良いと思います。

(救助に行かなければいけない場面でセルフケアをしている人が多かったため、セルフケア持ちは戦犯とまで言われていました。私はセルフケアは強いと思います。)

ここまでは、基本的には味方に救助を任せてもいいけど、こういった場合は救助しに行きましょうという例を紹介していきました。

次は、救助をするときに気を付けることについて紹介しています。

安全に救助する

決死の一撃がある可能性もあるから無理救助をしてもいいと書きはしましたが、安全な救助に越したことはありません。

無理救助はトンネルの原因にもなるため避けれるのであれば、安全な救助を心がけましょう。

安全な救助をするためには、キラーの位置を把握しておく必要があります。常にキラーを探す癖をつけましょう。

トンネルされそうなとき

自分がキラーの気持ちになれば分かりやすいと思います。勝ちたいならだれでも1人を早く退場させたいはずです。

なので、救助するときは吊られている人が狙われると思って救助しましょう。

今は決死の一撃があるので、ダウンしても吊られることはないかもしれませんが、仮に決死の一撃がもうないとばれているときは、確実にその人が狙われます。

与えられて猶予があっても、15秒待って攻撃されるとダウンしてそのまま吊るされるので、無理救助はさけましょう。

まとめ 

今回はランク1になるための救助の立ち回りについて紹介していきました。

基本は味方に救助を任せて、誰も救助していなかったときに救助に向かうようにする意識でよいと思います。

味方の発電意識が高い場合は、逆に自分が救助に向かう意識が必要になると思います。

自分がキラー目線になって嫌なことをしていくと良いので、キラーをやってみることもいいかもしれません。

コメント


タイトルとURLをコピーしました