プログラミングを独学で勉強する方法

アルゴリズム 社会

こんにちは、くらすです。

最近IT企業の需要が増えており、プログラミングを学習したい人が増えていると感じます。
プログラミング未経験の人は、どこから勉強を始めたらいいのかわからないですよね
そんな人のために、プログラミングを独学で勉強する方法について執筆します。

私は、大学1年までプログラミング未経験で、そこから少しずつ勉強して、現在はIT企業で働いています
今回の記事を読むことで、プログラミングの基本を身につけるための勉強方法をイメージできるようになります。

スポンサーリンク

プログラミングを独学で勉強する方法

プログラミングの学習は、どの分野を学ぶかによって学習方法が変わってきます。勉強する場所がかなり変わります。

プログラミングの基本を学習するのであればそんなに難しくはないと思います。できることが幅広いので、応用することが難しいです。
とは言え、基本を身につけると、難易度にもよりますが、多少難しい位のレベルのことはググりながら実装できると思います。

プログラミングの分野として最近では大きく2つの分野があると思います。

  • web系(HTML,CSSなど)
  • 開発系(python,C#など)

web系の方が簡単という声をよく聞きます。というのも、開発系はWeb系に比べると覚えることが多いんです。
プログラミングでお金を稼ぎたいという人は、Web系を勉強するとよいです。こちらの方が早く成果が出ます。

アプリケーションを作りたい人は、開発系を勉強するとよいです。

HTML、CSSの勉強方法

インターネット

HTML、CSSの勉強の流れは以下の流れで勉強してみましょう。

  1. 動画でHTML、CSSの基本を学ぶ
  2. 実際のWebサイトを真似る
  3. 自分でページを作る

動画でHTML、CSSの基本を学ぶ

動画を見る

無料で動画を見ながら基本を学べます。最初はここで雰囲気をつかみましょう。ただ見るのではなく、動画と一緒に書いてみることが大切です。プログラミング言語というくらいですから、言葉なんです。

ブログまとめ

人の英語聞いたらすぐ話せるわけないですよね。経験を積むことが大切です。とはいえ、英語よりも圧倒的に覚えやすいです。

この段階では、雰囲気だけつかめればいいかなと思います。おすすめの動画サイトはこちらです。

ドットインストール

実際のWebサイトをまねる

学習

基本がわかっても最初はなかなか動けないと思います。どうしたらいいのか、分からないとか忘れたとか。

見本のサイトがある場合は、そのサイトのコードを確認しましょう。確認の仕方は一応2通りあります。

  • 「F12」ボタンを押して確認する
  • 右クリック→「ページソースの表示」で確認する

私はたいてい「F12」を押して確認しています。というか、これだけでいいレベル。実際にどういった風にHTMLが書いてあるのか見れるし、CSSの内容も確認できます。

自分で書きながらどこが違うのか確かめるときにも使えるので、これを知っていると便利です。

自分でページを作る

システムエンジニア

2番を繰り返すだけでも力がついてきますが、最終的には何も見ないで作るのが目標になります。見本がないため、自分で調べることが増えると思います。続けていくと、簡単なページなら調べて作れるようになっていると感じるはずです。

まだ、基本を学んでいる段階なので、難しいことはできないかもしれませんが、調べつつコーディングしてできることを増やしていきましょう。

ページを作れたら、もう実践経験を積んでいけばいいです。クラウドソーシングの案件を受注してどんどん実績を積みましょう

開発系

開発系の言語を学ぶ手順を説明していきます。

  1. アルゴリズムを動画で学ぶ
  2. 簡単なアルゴリズムをコーディングする
  3. 書籍でアプリ開発を学ぶ

Web系に比べるとハードルが上がっています。これも慣れが大きいので、とにかく手を動かしましょう

アルゴリズムを動画で学ぶ

ここがベースになるので、理解できるまで続けましょう。(アルゴリズムとは問題を解決するための解き方のことです。)

ここで分からないと、次に進んでも全く分からないと思います。逆にここを抑えると、理解しやすくなります

動画だけでは分からないこともでてくるので、書籍を買ってもいいです。

アルゴリズムをコーディングする

プログラミング

実際に説き方がわかったら、コーディングしてみましょう。言語によって書き方が違うのですが、アルゴリズムが分かれば、書き方が異なるだけなのでそこまで難易度は変わらないと思います。(言語によっては、関数が準備されていて簡単にできるということはありそう。)

これも、書籍を買うことをおすすめします。書籍だと本の内容に沿って書いていけばいいので、勉強するべきことが明確になります。

ここまで、できたらアプリ開発の入り口に立てた感じです。とりあえず基本ができた感じなので、あとは経験を積むだけです

書籍でアプリ開発を学ぶ

アプリ

ここまで理解したとしても、アプリ開発となるとまた、別の問題のようになります。一つの簡単なアプリ開発ができる本がおすすめです。

本を買うと、その開発に必要な画像などが準備してあるので楽です。最初は難しいと思いますが、数をこなして、できることを増やしていく感覚で挑戦しましょう。

最後に

ここまでできたなら、初心者は卒業レベルです。ここまでは、一人で行っているので人それぞれ理解する速度は違うと思いますが、Webページ作成レベルなら約1か月で、できそうなイメージです。

続けるこが重要なので、無理しない程度に楽しく学習することが大切だと思います。

スクール

行詰ってしまった場合は、プログラミングスクールへ通って教えてもらえる機会を作ることもいいと思います。

百聞は一見に如かずです。とりあえず、独学で初めてみることをお勧めします。

 

コメント


タイトルとURLをコピーしました