来る次の時代に備えよう!5Gとは?

ネットワーク 社会

最近5Gという単語をよく耳にするようになりました。5Gって何?という人もいると思います。今回は5Gとは何なのか。また、5Gが来るとどうなっていくのかを紹介します。

スポンサーリンク

来る次の時代に備えよう!5Gとは?

現在はスマートフォンがある生活が当たり前ですよね。しかし、10年前では想像できなかった時代です。そんな新しい時代が2020年にやってくるといわれています。

現在スマートフォンで主に使われている4G回線(LTE)から、5Gに回線が変わるといわれています。5Gが使えるようになると、社会はどう変わっていくのか考察し、回線の切り替わりをすんなり受け入れられるようにしましょう。

Gってなに?

そもそも、Gとは何のことなんでしょうか。私もつい最近知ったのですが、Gはgenerationの訳で日本語に直すと「世代」という意味です。Gの歴史についてみていきましょう。

1G

1G

1Gの端末(※)

第1世代の通信です。このときの時代というと国内で初めての携帯電話が発売されたタイミングです。電話機が持ち運べるという現代では当たり前のことなのですが、当時からすると画期的な商品だったのでしょう。このときは、アナログの通信でした。

2G

2G

2Gの端末(※)

デジタル通信が可能になりメールの送受信が可能になりました。また、電話の音声もデジタルデータのやりとりになり、音質が以前より改善されました。デジタル通信を行うことで、アナログのときと比べて少量のデータで済むようになりました。そのため、メールの送信が可能となりました。

3G

ガラケー

ここからは聞き覚えのある単語ですね。3Gではインターネットを携帯電話で閲覧することが可能になりました。音楽や動画などもダウンロードできるようになり、パソコンとの差がかなり減ってきました。4Gの通信制限がかかったときに、使われる回線が3Gです。やはり、4Gと比べると回線速度はかなり遅いですよね。

4G

スマホ

これは説明しなくても良いかもしれませんが、流れに沿って執筆していきます。4Gのタイミングは、スマートフォンが普及したタイミングです。高速通信が可能になり、PCでできることがスマートフォンでほとんどできるようになりました。(スマートフォンの性能が高いということもあります。)

3G時代では考えられなかった、ケータイでクオリティの高いゲームが可能となりました。また、動画の視聴も行えるようになり、YouTubeなどの動画コンテンツが普及しました。

5G

次に2020年に来るといわれている高速通信の5Gです。5Gで可能になるといわれている概念は、以下の3点です。

  • 高速・大容量
  • 多数同時接続
  • 低遅延

これが可能になります。高速で大容量は動画の通信制限からの解放や、動画を一気にダウンロード出るようになるため、映画などを一瞬でダウンロードして視聴が可能になります。では、他の生活がどのように変わっていくのか見ていきましょう。

  1. VR技術が普及
  2. スポーツ観戦の仕方
  3. ゲームのあり方
  4. 医療のあり方
  5. 車の自動運転技術の向上

おそらく他にもありますが、私が思い浮かぶのはこれくらいです。おそらく5Gについて知らなかった人たちにとっては、何のことかよくわからないと思います。これが来年になると起こるようなので、面白いです。それではどのように変わっていくのか説明していきます。

1.VR技術

VR

これは高速・大容量の通信が可能にするものです。画像から動画に代わるときに容量が増大するようにVRになると容量が一気に増えます。VRの技術が上がってきて、VRのコンテンツが増えてきましたが、普及していないのは容量が大きすぎて、ダウンロードに時間がかかってしますといった問題があります。それが5Gで解決するため、VRの技術は一気に勢いを増すと思われます。

2.スポーツ観戦

サッカー

これもVR技術と関係していますが、スポーツの観戦がVRを利用するといわれています。また、見られる視点がいくつもあってその中から選択できるといった観戦方法に変わります。現在のスポーツ観戦では、テレビに映る視点しか見えておらず、画面が切り替わるタイミングも選ぶことはできませんが、その切り替わりのタイミングが素早く行えるようになるイメージです。サッカーの観戦ではかなり近くの視点で見ることができるといわれています。今と比べて、よりダイナミックで臨場感のある観戦が可能になりますね。

3.ゲームのあり方

ゲーム

今のゲームは、ゲーム機を購入して、そのゲーム機にあったソフトを購入して遊んでいますよね。そのあり方が変わってしまうといわれています。

どういうことかと言うと、高速通信が可能になったため、プレイ側はコントローラのみを準備し、ゲームはクラウドからダウンロードしながらプレイできます。そのため、ゲーム機を販売している「SONY」、「Nintendo」は方向転換をする必要があるのではないかと思っています。ゲームをするためには月額料金を払ってゲームがし放題になるといわれています。

4.医療のあり方

医療

これは遠隔で手術が可能になるといわれています。低遅延かつ高速通信なので、遠隔から手術している医者と同じようにロボットのアームが動かすことができ、どこでも手術が行えるようになります。これで、かなり多くの命が救われそうです。(そうなると、また高齢化が進んでいくので問題は増えてしまいます。)また、医者の手ぶれも補正可能になり、現地で手術をするよりも正確な治療ができるかもしれません。

5.自動運転技術の向上

車低遅延であるため、車が地図上のどこにあるのか把握が一瞬でできるようになるため、自動運転がさらに発展すると思われます。現在も自動運転の技術が少しずつ車に搭載されていますが、5Gになると更に技術が搭載された車が販売されそうですね。

最後に

5Gによってこれだけの変化が起こると考えられます。しかし、これは始まる前から言われていることで、実際にその時代が来ると更に多くのことが改善されそうです。5Gの対応端末などがこれから販売されると思うので、今から端末を買おうとしている人はもう少し時期を考えてみてもいいかもしれません。

※画像の参照:https://newswitch.jp/p/11572

コメント


タイトルとURLをコピーしました